介護イメージ

グループホームについて

クローバー

グループホームってどんなところ?

グループホームいきいきの家くりもととは

少人数の認知症高齢者の方々(現在9名)が、スタッフに見守られながら共同生活を営む「家」です。家事の支援や掃除、洗濯など、日々の生活でのあらゆる事を入居者の方々とスタッフが共同で行う事で認知症状の緩和を促しながら、家庭的な雰囲気の中で楽しみながら生活を送る施設です。

夫婦の介護
一日の流れ

室内では、入居者の方々やスタッフと一緒にお話をしたり歌をうたったりして楽しみます。その他にもボールを使って体を動かしたり、体操をしたりと様々なレクリエーションを行っています。晴れた日は散歩に出掛けたり、畑で作業したりしてしっかり陽の光を浴びるように過ごしています。

介護
年間行事・イベント

誕生日会、納涼祭、敬老会、お月見会、芋ほり会、クリスマス会…など、季節ごとの行事をなるべく取り入れています。また、イチゴ狩りやあじさい見学、コスモス見学などドライブを兼ねて出掛けています。楽しいことがいっぱいです。

介護
クローバー

生活場所やケアについて

お部屋はどんなところ?

ご自宅で使用されていた馴染みのある家具やレクリエーションで制作した作品をお部屋に飾っている方もいらっしゃいます。毎日過ごすお部屋だからこそ、雰囲気や使い勝手が気になりますよね。是非お気軽に見学にいらしてください!

部屋
ケアについて

毎日、決まった時間でのバイタル(体温、血圧)測定を行い記録に残しています。
月に2回の往診と訪問看護が連携病院よりあります。
病院への付き添いも可能です。

手